Lovely Photo Gallery Blog(写真作品とカメラ情報のブログ)

「ラブリーフォトギャラリー」私の写真作品(主に女性ポートレート写真)を掲載しているサイトの更新情報、日記、カメラ情報、PC情報を掲載しているブログになります。掲載可能なモデルさん、コスプレイヤーさんを随時募集中です。サイトの募集要項をご覧の上でお気軽にお問い合わせください。

スポンサードリンク

MacBook Pro 16インチ 2021モデル(10コアCPU 16コアGPU)買いました レビュー

久しぶりにブログ投稿します。
実は、MacBook Pro 16インチ 2021モデルを購入しました。

MacBook Pro 16インチ 2021モデル 購入レビュー
(M1 Pro 10コアCPU 16コアGPU)

少し使ってみての感想ですけど、ズバリ、今回の MacBook Pro は写真や動画の処理にPCを必要としているクリエイターの方々には、本当にお勧めだと思います。私の購入したのは、M1 Pro 10コアCPU 16コアGPU のモデルですが、M1 Max 10コアCPU 32コアGPU のモデルはさらに高性能になりますので、業務でバリバリ使う方々にはさらにお勧めできます。

 

MacBook Pro 16インチ 2021 パッケージ開封

パッケージはいつものように白い箱が外箱に包まれて宅配されました。スペースグレーモデルのパッケージ写真は赤っぽい画面色でした。

f:id:isophoto:20211219191851j:plain

ふたを開けると、本体が出てきます。

f:id:isophoto:20211219201414j:plain

底面には MacBook Pro という文字が掘り込みで入っています。かっこいいですね。

f:id:isophoto:20211219201537j:plain

画面を開くとすぐに、ぼーんとMacの起動音がしてスイッチ入りまして、

f:id:isophoto:20211219202210j:plain

いろんな言語で こんにちは って言ってもらえます。

f:id:isophoto:20211219202303j:plain

賛否両論のある画面上部のノッチ部ですが、大きいとも小さいとも微妙なサイズ感ですね。私は使っていて特に気にならない感じです。

f:id:isophoto:20211219203116j:plain

以前から使ってた MacBook Air M1 と並べるとこんな感じですね。

f:id:isophoto:20211219202445j:plain

本体サイズももちろん大きいですが、画面の大きさが目を惹きます。13.3 と 16.2 インチではやはりかなり違いますね。そして、MacBook Air の Retina も綺麗でしたが、今回の Liquid Retina XDR ディスプレイはさらに綺麗です。並べて比較するとよくわかってしまいますね。

しばらく使ってみて感じたのは、この大きさ、バッテリーの持ち、動作音の静かさにも関わらず速度が速い速い。

新しい Intel の第12世代 CPU ももちろん良いんです、速いです、なんなら職場用で買いました。でも簡単には持ち出せない大きさ重さですから。それにね、仮に苦労して持ち出しても、電源確保しないといけないですから。

その点、この MacBook Pro 2021 だったら普通に外で使えます。さすがに本気で動画処理をしようとすると、バッテリーがみるみる減るのですけど、そういった場合でもワット数のでかい外部バッテリーを持っていったら、ちょっとした編集だけならなんとかなってしまいそうです。

 

特徴1:長いバッテリー駆動時間がいいね!

  • 14インチモデル
    最大17時間のビデオ再生、最大11時間のワイヤレスネットサーフィン
  • 16インチモデル
    最大21時間のビデオ再生、最大14時間のワイヤレスネットサーフィン

公称では私の買った 16インチモデルは、最大21時間のビデオ再生、最大14時間のワイヤレスネットサーフィンとされていますが、本当に長持ちします。

使い方次第だとは思いますけど、外で打ち合わせとかで写真や動画見せたりぐらいの使い方であれば、1日仕事で普通に使っててもまだまだバッテリー残ってます。

 

特徴2:画面の綺麗さが素晴らしい!

Liquid Retina XDR ディスプレイ搭載がとても良いんです。

  • 1,000ニトの持続輝度
  • 1,600ニトのピーク輝度
  • 1,000,000:1のコントラスト比
  • 最大120Hzのリフレッシュレート
  • 広色域 P3対応
  • 3,456×2,234 ピクセル

以前の Retina モデルも非常に綺麗でしたけど、こちらの方がより綺麗です。16.2インチの大きな画面に、3,456×2,234 ピクセルの高詳細表示。

色については、色域測定を行なっている方々のサイトをみていると、最初の頃は思ったよりも色域が狭いとの報告もあがっていましたが、どうやらそれは測定器が対応できていなかったからのようで、P3比で95%とか96%とかの結果が出ているようです。

そして私も普段は必要としないのですけど測定器欲しくなってます・・・綺麗だからこそ測ってみたい(笑)昔は測定器ないと色がさっぱりわからなかったのですが、最近のPCは工場出荷時で結構正確な色出してくれてるので(そういうの選んでるってのもあるんですけど)、測定器なくても業務上困ってないのですよね。

 

特徴3:高速。とにかく速い!(ディスクリートGPUのないノートとしては)

色々とベンチマークテストしてみました。本当に速いです。素晴らしいです。

動画書き出し速度比較

Davinci Resolve Studio 17 を用いて動画の書き出し速度を比べてみました。下記の元々23秒の4K-DCIのHEVC形式の動画を、46秒の1080pへと変換作成した際の時間を計測しました。

その際に処理としては、カラグレでLUTをあてているのと、速度を0.5に変更して46秒の動画へ変更、その際にリタイム処理としてオプティカルフローと、動き推定処理のスピードワープを設定しています。オプティカルフロー+スピードワープの処理はとっても素敵なのですが、とにかく処理が重いのが難点ですが、結果は果たしてどうなったでしょう?


www.youtube.com

  • MacBook Pro 16インチ 2021モデル → 14分15秒
  • MacBook Air M1 2020モデル → 31分31秒
  • Razer Blade Stealth 13 (2020 Late) → 30分13秒
  • LEVEL-R969-LC127K-TAX → 3分13秒

ノートPCではもう圧倒的ですね。MacBook Air M1 の半分の速度で書き出し処理してくれます。嬉しい限りです。CPUの速度が圧倒的なので、ディスクリートGPUを積んでいる Razer Blade Stealth さえも超えて高速です。

ひょっとしたら、職場使ってるデスクトップ端末より高速かも?興味出たので今度測って追記することにしましょうかね。

結果 → 全然負けました。まあ、第12世代 Core i7 + RTX3070 のタワーですから仕方ないですね。パソコン工房のLEVELシリーズの一つなのですが、M1 Air の10倍のスピードです。はや!

 

GeekBench 5 比較

定番の GeekBench での速度比較です。

f:id:isophoto:20211219174814p:plain

f:id:isophoto:20211219175247p:plain

GeekBench 5 の計測結果では、職場のタワーPC(パソコン工房の LEVEL-R969-LC127K-TAX なのですが、上記の表では MouseComputer Z690-S01 と表示されてます)よりは流石に遅いです。ですがあちらは、第12世代の Core i7 + RTX3070 を積んでいる水冷タワーですから。持ち運べるノートなのにCPUスコアではそれに肉薄するスコアを出してます。この速さは本当にすごい。

Compute のスコアでも、ディスクリートGPUを積んでいないにも関わらず、GTX1650ti を積む Razer Blade Stealth 13 のスコアに肉薄なのもすごいです。

 

CINEBENCH R23 計測結果

f:id:isophoto:20211219181532p:plain

CINEBENCH の計測結果も結構高速です。マルチで 12,314、シングルで 1,532 のスコアを叩き出しました。しかし、第12世代の Core i7 と比較すると遅いです。あちらは2万越えのスコアが出ますので。

 

GFXBench 計測結果

f:id:isophoto:20211219190100p:plain

f:id:isophoto:20211219190119p:plain

GFXBench でもわりと高スコアを記録しました。ディスクリートGPU なしでこのスコアです。低消費電力、低発熱でいて軽いゲームならできてしまうほど高速。素晴らしいです。

M1 Pro でこのスコアですから、M1 Max はきっとこの2倍のスコアかな?本当なら M1 Max モデルが欲しいところでしたが、金額も跳ね上がりますので、我慢かなって思ってこちらにしました。今のところ満足してます。しばらく使ってみて、その後どうするかは、その時また考えます。

 

RAZER BLADE STEALTH 13 (Late 2020) sRGB100% 120Hz FHD の 購入レビュー

※2021/3/29 訂正

そろそろ新しくゲーム用 兼 持ち出し用の WindowsPC が欲しくなりまして、何を買おうか悩んでみてたのですが、少し奮発して RAZER BLADE STEALTH 13 を購入したので、レビューしたいと思います。

RAZER BLADE STEALTH 13 (Late 2020) 購入レビュー

さてさて届きました。RAZER BLADE STEALTH 13 ですが、パッケージは 環境配慮パッケージということで簡素ですが、RAZER のロゴイラストがかっこ良いです。

f:id:isophoto:20210323214609j:plain

本体の上面にもロゴがマークされています。シールのようにも見えますが、刻印されているので剥がれたりしません。でもシールに見えちゃうので、もう少し深く彫り込んでてもいいのになって感じもしますね(笑)

f:id:isophoto:20210328214938j:plain

購入したのはこちらの製品。120Hz の FHD モデルになります。

STEALTH 13 は Razer の中では軽量な携帯性重視のモデルで、それほどゲーム性能は高くないのですが、ゲーミング PC にも携帯性を求めてしまうタイプの私のような人には、ちょうどよいモデルになっています。

そして、ここが購入の決め手だったのですが、RAZER BLADE は純正外部 GPU キットの RAZER CORE X シリーズを接続することで、グラボ性能の向上を図ることが可能になっています。外に持ち出し中は携帯性重視でそこそこの性能で動かせて、家では外部 GPU つないでバリバリにゲームを楽しむなんてことができちゃうモデルなんです。

上位モデルの OLED パネル搭載モデルも気になっていたのですが、マット液晶の方が外では見やすいですし、タッチパネルではない方がバッテリーの持ちから考えても有利ですし、さらに、70gも?w軽くなるので、こっちかなって思いました。それに価格対効果比的な面も考慮して選びました。

f:id:isophoto:20210328223651j:plain

液晶は 120Hz 駆動で、100% sRGB 対応になっていて、1台1台 モニタキャリブレーションがなされています。とても綺麗です。ただOLED モデルになるとさらにP3対応になるので、クリエイター目線で考えたら、OLED モデルのほうがおすすめなのかもしれません。

 

f:id:isophoto:20210323224208j:plain

 

RAZER BLADE STEALTH 13 の性能

  GTX 120Hz モデル
(型番: RZ09-03272J12-R3J1)
GTX OLED モデル
(型番: RZ09-03272J82-R3J1)
プロセッサー 第 11 世代 Intel Core i7-1165G7 (クアッドコア)
メモリ 16GB LPDDR4X 3733MHz デュアルチャンネル オンボード メモリ
ディスプレイ 13.3 インチ マットパネル
120Hz FHD (1920 X 1080)
100% sRGB キャリブレーション済
13.3 インチ  OLED タッチディスプレイ
FHD (1920 X 1080)
100% DCI-P3 キャリブレーション済
Gorilla Glass
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650 Ti Max Q デザイン 4GB GDDR6 VRAM
ストレージ 512GB PCIe M.2
バッテリー 53.1Wh
キーボード Razer Chroma RGB 搭載キーボード
タッチパッド Microsoft 高精度ガラスタッチパッド
接続 Wi-Fi 6 - Intel Wireless-AX 201 (IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)
Bluetooth 5.1
I/O 2x Thunderbolt 4 (USB-C) 
2x Type-A USB 3.1 Gen 1
3.5mm コンボジャック
カメラ HD 720p, Windows Hello
オーディオ ステレオ4スピーカー
サイズ 高さ: 15.3mm
幅: 304.6 mm
奥行: 210 mm
概算重量 1.41kg 1.48kg

 

CPU は intel の第11世代(Tiger Lake)の Core i7 -1165G7になります。クアッドコアの、どちらかというとモバイル性重視の CPU ですね。後でベンチマークテストをして性能をチェックしてみたいと思います。

また、GPU については GeForce GTX 1650 Ti が搭載されて、旧モデルよりも少し性能が向上しています。RTX シリーズを積んだ別製品も検討対象としていたのですが、なかなか本体の大きさ重さを考えると、ちょうど良いものがなくて、最終的に RAZER BLADE STEALTH 13 を選択することになりました。その重量は 1.41Kg で軽量モバイルノートとぎりぎり言える重さです。先日購入してレビューした、ASUS 「 ZenBook 13(UX325EA)」と比べると、260gの重量増ということで、かなり重いですがw

ですが、薄型軽量なこのサイズとこの重さで、そこそこな性能のディスクリート GPU を搭載しているというのがすごいです。

f:id:isophoto:20210328214157j:plain

GPU は 今となっては旧モデル的な GTX シリーズですし、VRAM が 4GB しかないですので、多少心もとないかなと思ったのですが、そもそもバリバリに動かしたいときは、外部 GPU をつなげば良いですから、その欠点はさほど気にしなくてもよいかなって思っています。

 

キーボードはゲーミングノートらしくカラフルに光らせることが可能です。添付のCHROMA STUDIO を利用して、光らせ方を変化させることができます。ビジネス用途に利用するときは白の単色にしておいて、家で遊ぶ際にはカラフルにして色が経時的に変化するようにしてみたりとかできます。設定を TPO とか、気分に合わせて変えることができるのでついこだわりたくなりますね。ただ、STEALTH は1キー単位での色の指定はできなくて、キーボード全体での設定にとどまります。

f:id:isophoto:20210323223827j:plain

キーボードの操作感は、MacBook Air M1 と大差ない感じです。ストロークがは浅いのですがしっとりとした打鍵感はあります。キートップに湾曲がないのと塗装の質感のおかげでソリッドな感じですね。

f:id:isophoto:20210329204650j:plain

キーの配列自体は、ほぼオーソドックスなのですが、右側のリターンキー周りのキーが幅が狭くなっており、多少押しにくいかもしれませんが慣れの問題でしょう。

拡張性としては、本体の左右にそれぞれ USB Type-C と Type-A が配置されています。Type-C のポートはThunderbolt 4 のポートになっています。

f:id:isophoto:20210328212823j:plain

Thunderbolt 4 対応ということで、USB PD 対応の充電器やモバイルバッテリーを利用しての充電が可能なことも選んだ理由の一つです。ただし、消費電力量の関係で、モバイルバッテリーからの充電では使いながら充電し動かし続けるというのはかなり厳しいです。高性能なモデルゆえに仕方ないかなと思うところです。

 

RAZER BLADE STEALTH 13 のファンの音は意外と静かで、熱さもほどほど

RAZER BLADE STEALTH 13 には本体の背面に吸気口を設けて、2基のファンが搭載されています。そのファンの音が意外と静かなんです。

f:id:isophoto:20210328213259j:plain

いえ、もちろんですが全然音がしないとかではないです。高負荷な状況ではかなりヒューンと音は出ちゃいますが、ゲーミングノートであることを考えたら静かなほうです。もっとうるさいのもいろいろあるので、それと比べたらって感じです。

ちなみに排気口は、本体後面と裏面とにあります。高負荷時にはかなり熱い風が出ますので、膝の上で使うとかは向かないかなって思います。

 

意外に超高温にはなりません

非常に薄いモデルなので、熱が心配になるところですが、高負荷をかけていても熱くはなるけど、耐えられないほどではありません。2基搭載されたファンのおかげで、触れないほどに熱くなったりはしません。さらにノートパソコン用のクーラーを利用しておけば、キーボード面は全然許容範囲の温かさで、不快な感じはあまりありません。

 

RAZER BLADE STEALTH 13 のベンチマークテストの結果は・・・

GeekBench 5 CPU

f:id:isophoto:20210328211040j:plain

GeekBenchの結果は、今まで私が WindowsPC のメインとして利用していた MSI Prestige 14(PS42 Modern 8RC) の1.5倍の性能です。でも想定通り Macbook Air M1 と比較するとだいぶ負けています。

そして意外なことにというか、残念なことに先日ビジネス用に購入した、ASUS 「 ZenBook 13(UX325EA)」にも負けているんです。こっちは、i7 積んでいるはずなのに、i5 のZenBook に誤差範囲とはいえ負けているとは、なんだか微妙に残念な気分です。

間違えていました。上記の結果は、設定が「バランス」モードでの結果でした。より高性能になる「ゲーミング」モードにしたところ、全然値が変わりまして、

f:id:isophoto:20210329213817j:plain

下記の結果の一番上が正解です。Core i7 らしい性能になって、これなら満足です(苦笑)

f:id:isophoto:20210329214058j:plain

 

GeekBench 5 Compute

f:id:isophoto:20210328211733j:plain

GPU の性能がものをいう、Compute のテストでは、手持ちのPCの中では圧倒的に高い性能になりました。最新の RTX シリーズを搭載している機種には負けますが、GTX 1050 の2倍以上の性能で、MacBook M1 と比較しても2倍程度の高性能です。軽量なモバイルゲーミングとしては十分な性能です。

 

GFXBench

GFXBench のテスト結果でも、GTX1050 を搭載した「MSI Prestige 14(PS42 Modern 8RC)」の結果と比較して、1.5倍から2倍のフレームレートをたたき出しています。ディスクリート GPU を搭載していない、MacBook M1 とか、ZenBook との比較でも、同様に1.5倍から2倍のフレームレートになっています。まあそれらは、ディスクリート GPU がないにもかかわらず、GTX1050 なみの性能があることに驚きますが、ゲームをするなら断然こちらを選んだほうが良いですね。 

f:id:isophoto:20210328224007j:plain

今回のベンチマークテストの結果は、まあおおむね想定通りでした。近いうちに外部 GPU Box の RAZER CORE X を購入すると思うので、また購入したら比較をアップしますね。しばらく趣味用のPCとして楽しく利用できそう(遊べそう 笑)です。

 

CineBench R23

CineBench の結果も追加します。

f:id:isophoto:20210329222810j:plain

 

ASUS 「 ZenBook 13(UX325EA)」を購入したので実機レビューしたいと思います

先日というか、つい昨日ですが、ASUS の「 ZenBook 13(UX325EA)」を購入しましたので、開封レビューしてみたいと思います。このPCは日常業務用に快適に使えて、気軽に持ち運びできて、長時間バッテリー駆動してくれる子を求めて購入してみました。

ASUS 「 ZenBook 13(UX325EA)」購入レビュー

パッケージを開封してみましょう

悩んだ結果、Amazon で「 ZenBook 13(UX325EA)」Core i5 モデルを購入しました。2020年11月25日に発売されたばかりの比較的新しいモバイルノートパソコンになります。

私の購入価格は11万3千円程で、第11世代 Core i5 搭載のモバイルノートPCとしてはわりとお安く買えたかなと思います。Amazonで購入した場合、早ければ次の日には届くので便利です。

ということで、翌日のお昼ごろに届きました。パッケージデザインはスタイリッシュな感じですね。

f:id:isophoto:20210131203017j:plain


パッケージの中身には、本体、65Wの電源、USB-C ⇒ 3.5mmイヤホンジャック変換ケーブル、USB-A ⇒ LAN 変換ケーブル、説明書類、そしておまけ的なスリーブが入っていました。

f:id:isophoto:20210131203048j:plain

ユニークなのはこのモデルにはイヤホンジャックが搭載されてなくて、USB-C ⇒ 3.5mm ジャック変換ケーブルが付属してるところですね。イヤホンとか外部スピーカーつけようと思ったら USB を利用することになるので、よく利用する人にとってはイヤホンのみで USB を一つふさいでしまうので、そこは考え物かもしれません。ただ、私は業務上ではあまりイヤホンジャックを利用することがないので気になりませんでした。

 

f:id:isophoto:20210131210617j:plain

専用電源は 65W の USB-C 接続のものが付属しています。小型軽量で持ち運びも便利そうです。USB Power Delivery(USB PD)に対応した一般的なモバイル用の充電器や、モバイルバッテリーを用いた充電も可能ですので、出張先などで専用充電器を忘れてしまった場合にも手に入りやすいのが良いですね。

 

ASUS 「 ZenBook 13(UX325EA)」のスペック

ZenBook 13(UX325EA)には、Core i7 と Core i5 のモデルがあるのですが、今回購入したのは、Core i5 モデルの UX325EA-EG109T です。

f:id:isophoto:20210131212648j:plain

  • 型番:UX325EA-EG109TS
  • カラー:パイングレー (グレーに少しだけ緑が混じった感じの色です)
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:インテル Core i5-1135G7 (4コア 8スレッド:Tiger Lake)
  • メモリ:8GB (LPDDR4X-4266)
  • ディスプレイ:13.3型、ノングレア、1,920×1,080ドット(full-HD)
  • グラフィックス機能:インテル Iris Xe グラフィックス(CPU内蔵)
  • バッテリー駆動時間:約13.9時間
  • 質量:約1.15kg
  • サイズ:幅304mm×奥行き203mm×高さ13.9mm(A4サイズ)

f:id:isophoto:20210131212014j:plain

大きさはほぼA4サイズで、重さも 1.15kg しかないため、持ち運びに便利なモバイルノートになっていると思います。

Macbook Air と比較すると、横幅はほぼ同じで、縦幅がこちらの方が少しだけ小さく、また、重さは少し軽いです。

f:id:isophoto:20210131225012j:plain

上から見た時の質感は、同じ程度でどちらも所有欲を満たしてくれるデザインになっていると思います。

その一方で裏面は、Macbook Air と違い多少チープでプラスチッキーです。

f:id:isophoto:20210131225543j:plain

 

インテル 第11世代(Tiger Lake) Core i シリーズ搭載

CPUには現在のインテル系最新の第11世代(Tiger Lake)のものが搭載されています。Core i5-1135G7 搭載のモデルと、Core i7-1165G7 搭載モデルの2モデル構成です。今回購入したのは、Core i5 のモデルです。

f:id:isophoto:20210131215903j:plain

第11世代というのに惹かれて選択したというようなところも大きいです。Tiger Lake だと、CPU内臓のグラフィックスが、Iris Xe となって、グラフィックス性能が大きく向上したという前情報が出て気になってました。実際の性能チェックは後半で行ってますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

2つの Thunderbolt 4 ポートを搭載

ZenBook 13(UX325EA)には、2つの Thunderbolt 4 ポートが搭載されています。

f:id:isophoto:20210131211601j:plain

Thunderbolt 4 は、既存の Thunderbolt 3 の上位互換アーキテクチャで、USB4 の要件を満たしつつ、下記のようなさらなる要素を盛り込んだ仕様となっています。

・4K映像を2画面または8Kを1画面出力できること
・データ伝送速度:40Gbps
・PCI Express規格のデータ伝送速度:32Gbps(毎秒4GB)
・USB Power Delivery(USB PD)による電源入力対応
など

対応製品がようやく2020年後半に登場したばかりの新しい規格で、今後の拡充が待たれるところではありますが、この規格に対応していることも、ZenBook 13(UX325EA)の有利な特徴の一つかと思います。

 

比較的長いバッテリー駆動時間 & USB PD 対応

4セルリチウムポリマーバッテリーが搭載されており、そのバッテリー駆動時間は、JEITAバッテリー動作時間測定法で13.9時間です。また、Core i7 のモデルのほうは少しだけ長い14.4時間です。いずれのモデルも、非常に長時間のバッテリー駆動を可能としています。

実際の利用では、満充電の状態から10%までに、インターネットをしたり、YouTubeを見たりと普通に利用した状態で7時間程度は利用できました。通常の利用であれば1日持ち出しての利用でも特に困ることはないでしょう。

それにもし、バッテリーがなくなってきてしまっても、Thunderbolt 4 に対応した USB-C ポートを利用して、モバイルバッテリーからの充電が可能なので安心です。

 

ZenBook 13(UX325EA)のキー配列:日本語キーボード

f:id:isophoto:20210131222920j:plain

キーボードの配列は、標準的ですが、エンターキーの右側にも1列キーがあるタイプです。多少押し間違いをしやすくなるのですが、キーが本体の端ぎりぎりまで配置されていて、キーサイズがそこそこ大きいため大丈夫そうです。

少しだけ上下方向のキー幅が狭いので、そこには慣れが必要です。他の PC と同時併用していると、キーのタッチミスが生じやすいかもしれません。まあ、慣れだとは思いますが。

キータッチの感触は、多少ふにゃふにゃした感じです。ただ、キーストロークもそこそこあって、打鍵した感じでは、柔らかさがあって指が痛くなりにくそうで、良い感じです。

 

ZenBook 13(UX325EA)のベンチマークテスト

Geekbench 5 テスト 

f:id:isophoto:20210131220051j:plain

Geekbench 5 のスコアは、上記となりました。このスコアですが、一昔前の、Core i7 搭載PCを余裕で凌駕する性能です。ただ、先日登場したばかりの Macbook Air M1 には大きく負けていますね。

  CPU Single-Core Score Multi-Core Score
ZenBook 13
(UX325EA)
Core i5-1135G7 1207 3886
MSI Prestige 14
(PS42 Modern 8RC)
Core i7-8550U 808 2892
Macbook Air M1 Apple M1 1731 7548

じゃあ、仕事用にも Macbook でいいじゃないかというところもありますが、なんだかんだやっぱりで Windows PC が便利なんですよ。仕事用にはね。 

 

GFXBench のスコア

さて次に、気になっていたグラフィックス性能のチェックです。グラフィックス性能の比較には GFXBench を利用します。

f:id:isophoto:20210131221852j:plain

外部グラフィックスの無い ZenBook 13(UX325EA)ですが、これだけの性能が出ています。一昔前の NVIDIA GeForce GTX 1050 搭載PC(MSI Prestige 14(PS42 Modern 8RC))を超えるスペックをたたき出しました。そして、項目によっては、Apple M1 搭載PC( Macbook Air M1 )をも超えています。

内臓グラフィックス性能がよさそうだという前評判通りの性能です。これなら軽いゲームさえも動かすことができそうです。まあ、仕事用ですけどね(笑)

ディスプレイはとくに表記はありませんが、どうやら sRGB ほぼ 100% の色域のもので、また、IPS のようで視野角的にも広く問題ありません。

 

軽量モバイルノートでありながらも、画面が綺麗で、そこそこ高性能な PC を求めている方にはぴったりなモデルかと思います。 私は気に入りました。明日から使うのがもう楽しみです。迷われているのでしたら、おすすめいたします。

 

 参考:メーカーのページ:ASUS ZenBook 13 UX325EA