読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lovely Photo Gallery Blog(写真作品とカメラ情報のブログ)

「ラブリーフォトギャラリー」私の写真作品(主に女性ポートレート写真)を掲載しているサイトの更新情報、日記、カメラ情報、PC情報を掲載しているブログになります。掲載可能なモデルさん、コスプレイヤーさんを随時募集中です。サイトの募集要項をご覧の上でお気軽にお問い合わせください。

スポンサードリンク

フルサイズ用レンズ「Canon EF24-105mm F4L IS USM」カメラ情報・評価・レビュー

カメラ情報 CANON

今回のブログは、

「Canon EF24-105mm F4L IS USM」

のレビューです。

 

なんで今更このレンズを購入したかというとですね。
実は、年末にですね、私の不注意で、落としてしまったのです。
脚立の上から、どっかーんと!クラッシュ。
今まで愛用してきたレンズ「Canon EF24-70mm F2.8L USM」を(´;ω;`)ウゥゥ(泣)
そして、ゆがめてしまったのです(泣)
しかも、12月29日の仕事納めの撮影で。
本当についてないって思いましたね。

 

で、年末年始で撮影ができるように、急いで便利レンズのEF24-105mm F4Lを購入したってわけです。
せっかくのお正月なので、写真撮りたいじゃないですかw
だから、もう買うしかないと衝動買い。

 

で、今までのと大きく違う点としては、F値が、2.8なのか、4なのかというところと、IS搭載の有無ですね。
F値、2.8からというのにアドバンテージがあると考えて、今までは購入していませんでしたけど、今回購入してみて、思った以上の利便性と、まあまあなその写りに満足してるところです。

 

では、さっそくレビューです。

【大きさ】

まず大きさですが、
EF24-105mm F4Lが、
最大径:83.5mm
長さ:107mm
重量:670g

f:id:isophoto:20160111195314j:plain

 

EF24-70mm F2.8Lが、
最大径:83.2mm
長さ:123.5mm
重量:935g

f:id:isophoto:20160111195335j:plain

ということでですね。
EF24-105mm F4Lのほうが、だいぶ軽くて、大きさも少し小さいです。
ですが、このスペック以外に大きく違う点があるのです。
そう、そのフードの大きさが全然違います。
EF24-70mm F2.8Lのフード「EW-83F」は、EF24-105mm F4Lのフード「EW-83H」と比べて非常に巨大です。正直バックへの収納にいつも悩んでました。
その苦労が全くありません。
これは思わぬ利点と考えて良いでしょう。

 

でも、使用中は、焦点距離によってレンズ+フードの全長が変化しない、EF24-70mm F2.8Lの方が好きなのですけどね。
全長の変化は、EF24-105mm F4Lだけのイメージがあるかもですけど。
ちなみに、フード外した状態での全長は、どちらも変化しますからね。

EF24-105mm F4L

f:id:isophoto:20160111195126j:plain

 

EF24-70mm F2.8L

f:id:isophoto:20160111195418j:plain

ほら、こちらも全長が変化してるでしょ。
F2.8Lはフードによって、全長の変化が隠されてるんですよ。
フードの本体への固定基部が、レンズ先端ではないんですよ。
ちょっと面白いでしょ。
あと、24mm(広角)側で全長が長くなります。
望遠側で長くなるF4Lとは逆ですね。
そこも、ちょっと面白いでしょ。

 

【手ぶれ補正】

EF24-105mm F4Lには、IS(Image Stabilizer:手ぶれ補正)がついています。
ファインダーを覗いて、ピントを合わせようとすると、すっとファインダー像が安定します。
これは便利です。
多少暗くても手ぶれしにくくなってます。
明るさも大事ですけど、手ぶれ補正の便利さもやはり確かにあるのを再認識しました。
というか、やはり無いよりあった方が良いです。
無くても今まで特に問題はありませんでしたけどね、でも、あるに越したことはないです(笑)
特に、可愛い子を撮ってて、緊張からプルプル震えちゃう時とかにきっと効果を発揮するはずです(笑)

 

【描写力】

正直に言うと、EF24-70mm F2.8Lの方にアドバンテージがあります。
ですが、少し絞り込んだ場合の描写力は、遜色ありません。

手持ちの適当撮影で、申し訳ないのですが、写りを比較してみてください。

f:id:isophoto:20160111195946j:plain


さすがに、EF24-70mm F2.8Lは解放から素晴しい写りです。
それに対して、EF24-105mm F4Lは、解放ではにじみも出ており、味がるとも言えますが、やはり甘い描写です。
ですが、F5まで絞ると、綺麗にしまってきます。
十分に使えると思っています。

で、ここ大事なのですけど。
EF24-105mm F4Lには個体差?あるいは調整が不十分な個体があるように思います。
私の最終的に購入した個体は、F4から、まあまあ十分に実用可能な描写力なのですが、別の個体を試したところ、解放の絵は全然だめでしたね。
ぼやぼやしちゃって。甘い。
もし、EF24-105mm F4Lの解放の描写性能に満足いただけてないのでしたら、早めに初期不良として交換してもらうか、あるいは調整に出されるのをお勧めしますね。

 

【望遠側が105mm】

EF24-70mm F2.8Lよりも、EF24-105mm F4Lにアドバンテージがあるところの1つですね。
70mmと105mmで、一歩分距離が稼げます。
70mmだと、あとちょっとって思うことがままあるのですけど、105mmになって、少し改善されたようにも感じます。
ま、あまり変わらないといえば、変わらないので、ちょっと便利になったかなぐらいの利点ですけどね。
家族や猫を撮るときに、良いかもって思いましたね。


まとめると、十分これ使えるよって感じです。
しばらくはこれをメインに使ってみようと思います。

なにしろ、今年は年末に車検もあった関係で、おこずかいがないのでw
また夏のボーナス時期にでも、更新を考えてみることにします。

ところで、ゆがめてしまった、F2.8Lですけど、意外とまだ使えそうです。
ちょっと、ズームが渋くなっちゃいましたけど。
マウントするときに、力いりますけど。
動くことは動くし、もうきっと売れないので、これはこれで、サブカメラにでもつけとこうかと思ってます。

標準ズームが増えちゃったって感じですな(笑)
でもまあ、良しとしましょう。

と、いうことで。猫の実写で、今回のレビューは終了です。

f:id:isophoto:20160111200105j:plain

「EF24-105mm F4L IS USM」を、70mm付近で、F4で使用しています。
なかなか、良く写るでしょ?
私としては、このレンズに満足満足ってことです。

※今回の写真、全てISO6400での撮影なので、その辺も加味して写真見てくださいね~
※なんでそうなったかというと、夕方暇なときに適当に撮影してたからです(笑)

 

お買い求めは良ければ下記よりどうぞ。現時点での最安値は「MURA」さんですが、私は「カメラのキタムラ」さんで購入することが多いですね。

MURA:Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L IS USM フルサイズ対応 キャ…

カメラのキタムラ:キヤノン EF24-105mm F4L IS USM 《納期約3週間》