読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lovely Photo Gallery Blog(写真作品とカメラ情報のブログ)

「ラブリーフォトギャラリー」私の写真作品(主に女性ポートレート写真)を掲載しているサイトの更新情報、日記、カメラ情報、PC情報を掲載しているブログになります。掲載可能なモデルさん、コスプレイヤーさんを随時募集中です。サイトの募集要項をご覧の上でお気軽にお問い合わせください。

スポンサードリンク

カメラ情報「買っちゃいました「OLYMPUS OM-D E-M10」」評価・レビュー

カメラ情報

 

※2015年3月ぐらいの記事の再アップです。
ここ最近気になってた「OLYMPUS OM-D E-M10」ですが。

買っちゃいました(笑)
シルバーボディにしてみました。

f:id:isophoto:20160110222109j:plain

手にしてみると、本当に小さいですね。
ちょっと無理すれば、ズボンのポケットに入ります。
というか入りました。

専用レンズキャップも買ってみました。
レンズの先端についてるのが、その「LC-37C」です。

手にしてみると、なかなかの質感です。
このランクのカメラの中では、ひょっとすると質感は1番なのではないでしょうか。
所有欲を満たしてくれます。満足感ありますね。
中身のしっかり詰まってる感じが、ワクワクさせてくれます。

やっぱり一番面白いのは、レンズの格納機能ですね。

スイッチ切れてる状態だと、レンズは鏡胴の中に格納されており、このコンパクトさですが。

f:id:isophoto:20160110222156j:plain

スイッチを入れると、コンパクトデジカメのように、レンズキャップ「LC-37C」がチャッと開いて。
先端がずずずっと伸びます。

f:id:isophoto:20160110222217j:plain

衝動買いしてしまったE-M10ですが、遊べば遊ぶほど面白いカメラですね。

他にも改めてこれは便利かもと思ったのは、ロー&ハイアングル撮影に便利な可動式モニタ搭載です。

f:id:isophoto:20160110222239j:plain

左右方向への稼働は無理なのですが、上下方向には動きます。
これが意外に便利そうなのですよ。
お散歩カメラとして。

ポケットに入るサイズのE-M10ですから、私は日常的に持ち歩くことを考えているのです。
散歩中に、今だったら例えば、タンポポを見つけたりとかした時に、超ローアングル撮影がしたくなったりするわけですよ。
そんな時に、今までだったら、実際に撮れてる位置を確認することなくシャッターを押して、撮影後に確認して、違ったらもう一度の繰り返しをしてたのですけど、このモニターだったら、一発で撮りたい位置が撮れます。

今まで私のカメラ選択に、可動式モニターの有無は全く影響しなかったのですけど、これは目から鱗でしたw

うん。気に入りました。
ちょっと散歩とか、ちょっと旅行とか、気軽に持ち運べるお出かけ用カメラとして、利用させてもらおうと思います。

以上な感じで、満足度の大きいEM10ですが、2日間使ってみて、不満点が出てきました。っといっても、小さな不満ですがw

私は夜間撮影時に、フラッシュ(ストロボ)を使うこともあるのですが、その際に気づいてしまいました。
EM10は「フラッシュの準備時間(コンデンサへの充電時間)」が長い!

内臓フラッシュでは、連続撮影できないことは、どのカメラでもままあることですが、EM10はそれが気持ち長めなのですね。
我慢できないほどではないですが、
①フラッシュポップアップして、②カメラ構えて、③ピンと合わせて、④・・・あれ?撮れない?
ってなってしまうのです。

例えばですね、ニコンD800やD7000、キヤノン7Dでしたら、私が上のペースで撮影している限り、問題なくフラッシュ撮影できていました。

少し待てば撮影できますので、問題はないのですが、微妙に残念な点でした。

まあ、大きさ的にバッテリー関係が少し弱くなるのは致し方ないですよね。
私としては十分我慢できるだろう不満点だと思います。

f:id:isophoto:20160110221700j:plain